スポンサード リンク

2009年02月13日

【 PET ペット がん検診 】全身の癌が発見できる検査法

ペットがん検診とは、がん細胞が正常な細胞よりブドウ糖
を取り込むという性質を利用して、PET(ペット)呼ばれる
放射性物質を出す特殊なブドウ糖を使ってがんの部位を発見する
最新の癌検査法なんです。

がん検査といえば痛いというイメージがありますが、この検査は
PETというブドウ糖を体内に入れる時の注射だけで、ほかに
痛いことはないです。その注射も採血と同じ程度なので心配
ありません。
そして、がんの位置がはっきり検査で分かるんです。

検査時間は約2時間、費用は10万円以上かかります。

また、もともとほかの細胞よりブドウ糖が多く必要な脳と
検査用のブドウ糖が尿として溜まりやすい膀胱と腎臓、
がんが薄い初期胃がんと食道がんは放射性物質が多く出ないため
分かりにくいのです。

しかし、がんの転移などにも有効なこのPETがん検診は
非常に役立つ検査なのです。
posted by MEI at 21:02 | Comment(1) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ファンになっちゃいました。価格比較に関するサイトを運営していますので、よかったらいらしてください。
Posted by のぞみ at 2009年03月02日 14:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。